Israeli Dairy School dairy herd
management training center

イスラエルへの留学により学ぶべきイスラエルの産業は酪農産業

イスラエルへの留学により学ぶべきイスラエルの産業は酪農産業

イスラエルに留学して学ぶべきことの一つは酪農です。イスラエルの産業において酪農は主要な産業として重要な役割を果たしています。長い歴史の中で培われてきたイスラエルの酪農産業の高い技術は革新的であり、海外からも多くの人々がその技術を学びに訪れています。

イスラエルの酪農経営の成功は大きくは酪農家たちの勤勉な労働と改革によるもので、酪農家たちはミルクの生産向上や乳牛や羊の繁殖の最適化において目を見張るような画期的な事柄を成し遂げてきたのです。近年は技術の進歩で酪農管理や牛群の健康において可能な限り改良がなされてきました。ここでイスラエルの酪農産業の過去100年を振り返って酪農経営の長い歴史を見てみましょう。

1910年代:最初の実験的なイスラエル酪農

20世紀初頭、イスラエルに1,000頭以下の乳牛がいましたが、全て比較的乳量の少ない小型の在来種でありました。1911にBen-Shemen実験牧場で牛群が飼われ、年間乳量1,000〜5,000 kgの生産量から変革が始まりました。1912年になって、Degania Alephというごく初期のキブツ(集団農場の一形態)で自前の乳牛群が確立されました。

 1920年代:イスラエル乳牛の交雑育種の努力

1917年のバルフォア宣言(英国がユダヤ民族を味方にするため、パレスティナをユダヤの国家として認めた宣言)によりイスラエルへのユダヤ人の入植が一気に加速し、酪農は新たな開拓地で不可欠なものとなりました。生産性のより高い牛群を生み出すため乳牛の交雑育種を開始する努力が酪農家によって行われました。1921年、Hachaklaitという酪農家向け獣医団体がオランダから27頭の乳牛と雄牛を輸入しました。1925年の初めになって、イスラエル在来種の乳牛とオランダやホルンスタインの雄牛との交雑を酪農場で始めました。

1930年代:家畜の健康への注視

酪農場の戸数や重要性が伸びるにつれて、酪農家や協会は家畜の健康を守るための予防措置を取り始めました。英国政府はブルセラ症を撲滅する政策を導入し、大規模な対乳房炎キャンペーンを張りました。ダニ媒介疾患についての新たな調査はタイレリア症に対する家畜のディッピングや予防接種に繋がりました。1930年代は人工授精についての試験も行われています。

1940年代:イスラエル酪農場の発展

1940年代、イスラエルの酪農産業の進展は力強く続いていました。より多くのミルクや乳製品が生産されていました。1946年、13頭の乳牛がカナダから輸入され、オランダ血統からホルンスタイン−フリージアン血統へと重要な移行が行われました。同時に、ICBA(イスラエル家畜改良事業)は酪農家に搾乳機の使い方の指導を始めました。この年代の終わり頃にはイスラエルには33,000頭以上がおり、年間ミルク生産量は75百万リットルを超えていました。

 1950年代:需要増大が制度化と組織化につながる

1950年代の移民の大きな波が酪農の大規模な変革へとつながりました。新たな移民がミルクの需要を伸ばし、多くの移民たちが自前の小規模な酪農場を始めるようになりました。1950年代を通じて約18,600頭がイスラエルに輸入されました。そこで最も多かったのがアメリカのホルンスタイン-フリージアン牛で、これがイスラエルの乳群の完成に重要な寄与をしました。この年代の間に、1956 年創立のイスラエル酪農協会といった酪農業の組織化や制度化が増えて行きました。

 1960年代:輸出の成長

1960年代、イスラエルは牛を輸入しなければならない国から輸出できる国へと移行し始めました。まずはイランへ向けた60頭の雌牛の輸出から始まり、その後の多くのイスラエル産乳牛の世界への輸出をする先駆けとなりました。

 1970年代:品質の向上

1975年にFAO/ポーランド選考会において10カ国からの乳牛の血統が比較検討されました。ミルクおよび乳脂肪の生産、早熟性、身体測定および成長率に関する改良においてイスラエル牛が最高位にランクされました。これは酪農業におけるイスラエルの目覚ましい改良の真価を認める一例に過ぎません。

 1980年代:電子装置の組み込み

1980年代に生産性や効率性を上げるためテクノロジーを利用するブームが起こりました。イスラエルで独自に開発された電子ミルクメーターは酪農場において多く導入されました。農場経営管理システムの一部として酪農家は電子式識別も利用し始めました。これら新型のコンピューター化ツールはより正確で効果的な管理を可能としました。

1990年代:記録的な産乳量

1990年代には、イスラエル牛の生産乳量は記録的な高さまでになりました。1995年、イスラエルの牛1頭の平均年間乳量は10,086 kgとなり、年間総産乳量は10億リットル以上となりました。2000年には、この平均年間乳量は10,715 kgまでに上昇しました。

今後の展望

将来に目を向けて見ると、酪農経営の生産性を引き続き改善していくことが期待できます。過去100年間に渡り、乳牛の健康や生産性に寄与する革新的な交雑育種の改善がありました。今後を展望するならば、技術の利用からくる成長が見込めるでしょう。今日のイスラエルでは、コンピューターシステムがミルクデータを記録したり、家畜の健康状態を管理したり、給餌したり、正しい品種改良をしたり、経済計画を立てたりすることに寄与しています。時代が進むにつれて、これらシステムはより効率的になり、より良いプランニングを立案するようになると思われます。もちろん、これら改善の中で中核となるのはイスラエルの酪農家自身です。個々人が勤勉に働くことで改善の模索に全力を尽くすのです。前世紀は、世界最高の酪農産業国の一つに発展すべく過酷な気象や限られた資源に打ち勝ってきました。今後、彼らイスラエル酪農家は一体何を成すことでしょうか 。

イスラエルに留学してイスラエルの産業を学ぶ
イスラエルに留学すれば、イスラエルの産業について現地で学ぶことが出来ます。長い歴史の中で常に進化を続けるイスラエルの酪農技術を、留学して学んでみませんか。どのように酪農経営と管理が行われているのか、実際にその目で見ることは、貴重な体験となるでしょう。

農場の見学でイスラエルの経済で重要な役割を果たす酪農について学ぶ 詳しくはこちら

海外で農業の研修を受け、乳製品の生産向上、牛の栄養について学ぶ 詳しくはこちら

暑熱ストレス管理 〜酪農場の冷却についてのホットな話題 詳しくはこちら

イスラエルから学ぶ酪農場が夏場にするべき牛のヒートストレス対策5つ 詳しくはこちら

 




    * Required fields

    Contact us on WhatsApp

    Dairy Herd Nutrition Management E Book

    Dairy Herd Nutrition Management By Dr Ofer Kroll, Senior Israeli Dairy Nutritionist You can buy it now.
    Get Now

    The Israeli Dairy School Brochure in your language